MENU

浅倉唯の事務所退所の理由は3つ!元所属LIBERAには現在も瀬古口綾が所属

浅倉唯の事務所退所の理由は3つ!元所属LIBERAには現在も瀬古口綾が所属
スポンサーリンク

グラビアアイドルの浅香唯さんが、LIBERAを対処するにあたり、その素行の悪さが指摘されていました。

ストーカー被害に遭ってる最中には、同じ事務所所属の瀬古口綾さんの自宅に出入りしている所をFRYDAYで報じられ、

ストーカー被害を告発してる最中に半同棲?と非難されましたが、本人曰くストーカーからの避難だったようです。

浅倉唯さんと、元所属事務所LIBERAとは認識の違いがあったのでしょうか?

その食い違いについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

浅倉唯さんのプロフィールをおさらい

浅倉唯(あさくら ゆい)
1996年6月8日生まれ
青森県弘前市出身 O型
身長157cm
特技はピアノ

浅倉唯さんの本名は公表されていません。芸能活動の開始は、大学2年生の時。

秋元康さんがプロデュースの声優アイドルユニット『22/7』で、花川芽衣として活動していました。

花川芽衣も芸名です。

その後LIBERAに所属したのは、2020年。2022年の8月30日付で契約解除となっています。

LIBERAといえば、ローラさんも契約問題のトラブルから退所した事務所ですね。

ローラさんの退所時期あたりに、契約したのが浅倉唯さんということになります。

スポンサーリンク

トラブル①ストーカーへの対応

浅倉唯さんがストーカーに遭っているという報道は、瀬古口綾さんとのフライデーのきっかけになったものです。

浅倉唯さんのストーカー被害に対してのスタッフのTwitterでは、浅倉唯さんの被害妄想だと言わんばかりですね。

「ストーカー被害は本当にありました。今年6月18日の昼、知らない20~30代の男性がオートロックのドアを後ろからついて入って来て、エレベーターを降りるときも一緒で、部屋に入ろうとすると、壁の陰に隠れてスマホをかざしていました。

文春オンライン

この件で浅倉唯さんは、警察への届けを出すにあたっても事務所に相談し、助けを求めています。

そして、LINEで、マネージャーに電話でやりとりしたいと伝えた浅倉唯さんに対し、

「車移動で電話出来なくて。夜になってしまう。弁護士には状況は話してあるよ。」と返しています。

車移動でもストーカー被害があるタレントに、何かあってからは遅いので、車を止めてでも電話をするべきでは?と思いますが、

この文面だと運転しながらLINEで返信?色々と違和感があります。

 以前から視線を感じていたこともあり、怖くて事務所に相談すると『警察と弁護士に動いてもらう』と言われたので、全てお任せしていました。あとで知ったことですが、警察に被害届だけでなく連絡すらしていなかったそうで、愕然としたんです。

文春オンライン

しかも、結局は警察への届けは出していなかったそうです。

LIBERAは何度も警察に相談したと主張していますが。

ストーカーの件で電話したいと訴える浅倉唯さんが、その時まさに危険な目に遭ってたらどうするつもりだったのでしょう。

タレントとして活躍する中、自己判断で警察沙汰を起こすわけにはいかないと考えたと思われる浅倉唯さんに対して、

事務所側の誠意が見られないような気がします。

スポンサーリンク

トラブル②ワガママ扱い

今年に入って、浅倉唯さんのアカウントは事務所が管理

「文春オンライン」は14日、浅倉のマネージャーにも話を聞いた。マネージャーは、浅倉の主張を伝えると“ため息”をつき反論した。
「素行不良というイメージはないのですが、仕事が飛んだとか、行かないでゴネたとか、2時間押しとか、どの媒体さんもよく取材されていて…。全部事実です。退所届をだした経緯や、契約、給料に関しては社長に聞いてほしい。浅倉って最後の最後まで社長マターで、特例で給料制なんです。写真集の件は、確かに水着を嫌がっていましたが、彼女を交えて打合せをしています。

文春オンライン

浅倉唯さんは仕事にたびたび遅刻し、写真集の企画で水着を拒否してボツにしたなどと囁かれています。

実際のところ、浅倉唯さんは写真集発売にあたって水着だと告げられたのは、写真集の仕事が入った後だったそうです。

グラビアとはいえ、露出に抵抗があった浅倉唯さんは「それは難しいです」と伝えたそうです。

結果的には結構水着の仕事多いですよね。週プレニュースでは、きっと本当に嫌だったんであろう水着の仕事に対しても、

グラビアスマイルな対応でインタビューに応じています。

浅倉 水着を着るのが小学校のプールの授業以来で、ビキニタイプの水着は初めてだったんです。だから最初は「肌色の面積が広いなぁ」って緊張して、動きがカチコチになってしまいました(笑)。

――初ビキニはやっぱり恥ずかしかった?

浅倉 恥ずかしいのもそうなんですけど、おなかを出す感覚が初めてだったので、なんかスースーするなって(笑)。

週プレ

殺意エダの契約だのは、タレントと所属事務所の闇あるある?という気もします。

遅刻に関しては、本人も『仮面ライダー』の撮影を寝坊で2回遅刻したと認めていますが、

芸能事務所ってタレントを起こすものだと思っていたのは、私の古い価値観なのでしょうか・・・

それとも、浅倉唯さんが新人だからなのかな?事務所に嫌われてたのかな?など憶測してしまいます。

スポンサーリンク

トラブル③スキャンダルの事実確認なし

2022年7月18日に『半同棲』を報じたFRYDAY

もちろんストーカー被害?同棲?一体なんなの?という混乱を招きましたが、

SNSでは浅倉唯さんを心配する声も多数上がっていました。『FRYDAY』+『LIBERA』に潰されるのでは?との憶測も。

これに対しても裏舞台があったようです。浅倉唯さんによると、

「違います。私は上京してすぐ、彼のお母さんが経営されているエステに通っていて、お母さんを通じて仲良くなりました。こればかりは男女の友情なので、理解してもらえないのは、仕方ないと思っています。今年の冬に一度だけ、彼の家に遊びに行ったことはありますが、それからストーカー事件にあうまで一度も家にいったことはありません。ストーカーから避難した矢先にFRIDAYさんに撮られました。事務所に説明してもわかってもらえず、突き放すようなコメント文を出されて、本当にショックでした」

文春オンライン

Twitterのアカウントを事務所に管理され、残っていたインスタグラムでストーカー被害について再度訴え、

「自分の身は自分で守らなければ」と話している浅倉唯さん。実家は青森なので簡単には帰れなかったでしょうし、

上京し数少ない友人を頼るのは当然でしょうが、浅倉唯さんが事務所が当てにならないので、世古口さんを頼ったことが面白くなかったのでしょうか?

FRYDAYにリークしたこと自体が事務所ではないかとまで言われています。

スポンサーリンク

まだまだある・・・

浅倉唯さんの契約解除に関しては、これ以外にも金銭トラブルなどもあり、泥沼などと言われていますが、

浅倉唯さん側の主張が本当なら、(本当だと思う・・・信憑性には関係ないけど可愛いし)

もうこれ以上LIBERAに関わらず、元気に活動してほしいなと思ってしまいます。

最後にLIBERAの捨て台詞をどうぞ。

『弊社は浅倉さんに拘(こだわ)りもなく、浅倉さんなりの人生を頑張ってくれればと思います』

文春オンライン

2005年創業で、ローラに大きくしてもらったと言っても過言ではないLIBERA・・・

タレントの使い捨て体質があるのでしょうか・・・

スポンサーリンク
目次
閉じる