MENU

【きつね】大津の母がパワフル!壮絶借金3000万のシングルマザー

「息子がきつねなら、オカンはたぬき♪」で、最近すっかり有名になってきた『きつね』大津の母紀子さん(67歳)

1月24日放送の『有吉ゼミ』内の企画『芸能人親バカNo.1決定戦』で、その壮絶な過去と、明るく乗り切ったパワフルぶりが話題になっています。

67歳とは思えない艶のあるお顔と、苦労を明るく乗り切った紀子さんの壮絶人生をまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

3度の結婚、2度目の結婚は借金を抱えて離婚

きつね大津の母紀子さん

1度目の結婚で、2児の母になった紀子さんはその後離婚。2度目の結婚で、9年ぶりの第3子を授かります。

この時の結婚相手は建設会社社長で、バブルの崩壊と同時に、連帯保証人だった紀子さんに3000万円の借金を残したまま離婚してしまいます。

なので、大津はこの頃が一番貧しかったといいます。

3人の子供を抱えて、3000万円の借金・・・途方に暮れるかと思いきや、母は諦めません。

紀子さんは「全ては子供の期待に応えるため、子供には夢を持っていて欲しかった」と、当時を振り返ります。

その借金のため、仕事で留守をしている間に(大津が留守番していた)怖そうな人たちに家財道具を全部持って行かれてしまいます。

仕事から帰った紀子さんは、そのことに激昂し単身相手先に乗り込み、ボロボロになりながら大津の楽しみだったファミコンだけを抱えて帰ってきます

また、大津が「自転車が欲しい」というと、廃品回収車などから3日で部品をかき集め、近所の自転車屋さんに組み立て方を聞きながら、作り上げてしまいます

そして、スナック、事務員、家政婦、掃除、ベビーシッター、草刈りを掛け持ちし、1日21時間働いた日もありながら、3000万円の借金をわずか4年で返済してしまいます。

スポンサーリンク

35歳で産んだ大津広次が可愛過ぎた

幼少期の大津広次と母紀子さん

紀子さんは35歳で産んだ大津さんが顔のパーツも自分に似ていて可愛過ぎたといいます。

3度目の結婚で、経済的に余裕のできた紀子さんは夫婦で居酒屋さんを経営。大津を大学に行かせます。

その通学のために30万円のバイクを買い与えたものの、大津が転けたため、これは危ない!と、三輪のバギーを買い与えます。

その甲斐虚しく、大津はまた事故に会ってしまいます。これではダメだ!と次は軽自動車を買い与えました。

その総額なんと241万円。

親は子の為にはなんでもしてあげたいのが心情ですが、流石にここまで出来るのはなかなか無い思います。本当にパワフルで明るい紀子さん。母親の鏡です。

スポンサーリンク

6年前に息子からプレゼントされたダウンベスト

大学生になった大津とオカン

紀子さんは息子の大津さんから6年前にプレゼントされたダウンを大切にきてらっしゃいます。

体が少し大きくなって、キツくなったからと、袖を切り取り、綺麗にパイピングをしてダウンベストとして着用されていました。

そんな母に、新しいダウンジャケットを用意していた大津さん。

それを見るや否や、大切にしていたダウンベストを脱ぎ捨て、新しいダウンジャケットに身を包む紀子さんでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる